FC2ブログ

木錘

とりあえず木錘が完成した。

作成の過程での反省点として
ラメを付けようとしてマニュキアを塗ったのは失敗だった。
・マニュキアの接着剤が厚く塗られ、エポキシコーティングした時にエポキシとマニュキアの接着剤が溶け合い乾きが遅い。

結局、クリアニスが乾きが早く手っ取り早い。

完成した木錘を風呂場にいれてみると、天秤が立たない、頭部分が少しくらい浮くと思ったが浮かない。

この天秤は、これでいいとゆうことだろう。

実釣で使用してみて、発砲天秤のように巻上時海面上に浮いてくるのか、鱚の掛かりは良いのか気になる所である。

引きずりは軽く、海底の状況が分かりやすいという事なので、どの位感じ取れるのか楽しみでもあり気になる所でもある。

木錘

左から、デルナー27号(ウッドキャップ8cm)
     デルナー27号(ウッドキャップ7cm)
     KAISO天秤27号(ウッドキャップ7cm)
     KAISO天秤25号(ウッドキャップ7cm)
     KAISO天秤20号(ウッドキャップ7cm)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

コング

Author:コング
愛知県豊橋市在住
静岡県投釣連盟会員
やしの実サーフ所属
キス研愛知所属

QRコード
QR
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー