キーワード
キスの投げ釣り 色々な妄想
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011-01-21 (Fri)
仕事中・家に居る時、私は色々と妄想する時がある。
妄想するといっても、Hな妄想ではないのであしからず、釣りの妄想・道具の妄想です。

以前、タングステン30号の天秤の青色キャップを取り10cm位の発砲天秤に改造したことがある。
周りの釣り仲間からは「えっ!勿体無い!」との言葉があったが、私的には別に勿体無いとは思わなかった、むしろ改造して楽しいというウェイトの方が大きかった。
そのタングステン30号を元の形に戻そうと青キャップをはめた時、タングステン本体と青キャップの間に1ミリ位の隙間が出来、金槌で叩いても1ミリの隙間が埋まらず本体と合わない。

「まっ!いいか!」

と思い、元の形に戻すのをヤメ。
1ミリのステンレスバネ線をお尻から突っ込み、軸・腕共5センチの長さで遠投天秤に改造。
これも、殆ど使うことなく、今は、以前に鱚介さんから買ったウッドキャップを装着、軸・腕共1ミリのステンレスバネ線で、軸・腕共10cmの長さにしてある。
タングステン30
これも、手にとって眺めてみるといい感じである。
でも、眺めているうち実際に使ってみた時の事を妄想すると、軸は1.2ミリ・腕は0.8mmのがいいのではと思ってきた。

他の妄想で、マート君のサイドボックス作り。
マート君の要望は、「予備のスプールが3個入る物が欲しい。」
そこで、その要望を満たすためには箱の高さを高くする事が頭に浮かんだ、しかし、この頃の考えでは上に伸ばすのではなく、横に伸ばしたらどうだろうかと思ってきた。
横に伸ばす事により、使い勝手が悪くなってはいけない、しかし、強度が減ってはいけない。

どうする?ここでまた妄想劇が始まる。

本来、サイドボックスを作るに当たり、直接会ってどの様にするのかを事細かに相談しどの様な形にするのか決めたいのだが、何分マート君も忙しい様で中々打ち合わせが出来ない。

今シーズンが始まるまでには作りたいと思っている。

下の写真は、昨年ダイワ全国大会に出場した当クラブのK山君からの要望で作ったサイドボックスだが、K山君の要望は、
「水筒を収めるホルダーが欲しい。」
「クーラーの上蓋と同じ高さ。」
「天秤ホルダーは、6個。」
等々
SP11.jpg SP6.jpg

自分は、クーラー周りをこんな風にしたいと、色々話を聞くと妄想が膨らみ楽しくなるけど、作るのは気が向かないと作らない。
スポンサーサイト
| 道具いじり | COM(2) |















管理者にだけ表示を許可する