FC2ブログ

天秤

今まで天秤を作るときの材料として、釣具屋で1袋2kg入りの鉛を買ってきたり、鉛の水道管を手に入れたり、車のホイールに付いていたバランス鉛を溶かして作っていた。

鉛だけで天秤を作ると少し軟らかく、使っていると表面が凸凹になってしまう。

そこで、前々から少し硬い天秤が欲しいと思っていた。

2年程前に勿体無いとは思ったが、ハンダを溶かし作ったことがある。

その時、30号の型に流し込んで作ったのだが、量ってみたら23号位の重さになった。

つい最近買ってきたステンレス用ハンダには、スズ63/鉛37と書いてある。

流石にハンダを混ぜるとなるとコストが高くなり勿体無い。

先日、クラブのメンバーからスズ入り棒が手に入り今日作ってみた。

鉛とスズの配合割合は、前にクラブのメンバーごろうちゃんが計算してくれた、鉛9:スズ1の割合(g)。

31号の型に流し込み、出来上がり号数は29.5号位、約110g

※1号3.75gで計算。
 31号=116.25g
 30号=112.5g
 29号=108.75g

表面は、理想道り硬さになった。

後日、テスト。
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。

先ほど 
鉛とスズの計算式を見直してみました。
もうすでに忘れていて
チンプンカンプンです。

もう少し鉛の割合を多くしたほうが
重さ的には良さそうでしょうか。

テストが楽しみですね!

そうだね、10:1でもいいかもしれない。
でも9:1でも悪くないよ。
ただ4個5個と作っていくうちにもろくなる部分が出てきました、そこで鉛を少し入れるとイイ感じになりました。
スズは長時間熱を加えるともろくなるのかな?

表面が硬くなったのでペーパーをかけるとテカテカになり念入りに磨くと鏡面になるくらいになります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

コング

Author:コング
愛知県豊橋市在住
静岡県投釣連盟会員
やしの実サーフ所属
キス研愛知所属

QRコード
QR
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー