キーワード
キスの投げ釣り 立田練習会
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-01-31 (Sun)
本日、立田練習会にお邪魔した。

キャスティングとはどんなものか?

自分は、どのくらい飛ぶのだろう?

と、少し興味があり参加させて頂いた。

「キャスティングと実釣とは違う」

私はキャスティング用の竿は持っていないので、最初マート君のタックルを借りて投げてみたが・・・・・・160mまで届かない

次に、私が実釣に使っているmy竿コンペⅡ33‐425小口径ローガイドでとりあえず投げてみたが・・・距離が出ないナイロン糸がバタバタと音を立てている。

そこで、やさしいゴンズイ親爺さんが「オレのを使ってみろ」と貸してくれた竿がコンペⅡ40-425、「こんな竿振れる訳ないじゃん!」と思いつつも貸して頂き練習再開。

中々170mを超えられなかったが、少しずつ距離が伸び179mが1回だけ出た。

根本的に私は、「オモリを乗せて投げる」感覚がなく今まで釣りをしてきた、今回の練習でも左方向に飛んでいく、何で左方向に飛んでいくのかバッキーちゃんに聞くと「オモリを乗せるのが遅い」と言い、マート君も「投げる前の最初の状態からオモリの重さを感じて投げる」ようにしたほうがいいと言う。

前々から自分でも分かっていた事だが「ゆっくり振るように心掛け、スイングスピードを上げて早く振る」矛盾しているが、そう言う事だと思う。

本日参加された皆様お疲れ様でした、ありがとうございました。

まーちゃん、乗せてって頂きありがとうございました。

右の肩が痛い、又よろしくお願いします。
スポンサーサイト
| キャスティング | COM(2) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。